fc2ブログ

【入選報告】小田急ロマンスカーカレンダー2019。そして、、、

そもそも入賞報告をブログに上げるかどうかも
ここ数日、すごく悩んだんですが、
きちっと主張することにしました。

4月に採用されました。
(桜の場所を教えていただいた朝霧高原様、ありがとうございます!)


こんなに景品もいただきました!





そして悩んだのがコレです。

2015.1の作品で、撮影後すぐに公開しました。
ここに至るまでに何週間も通いつめ、レンズと立ち位置を随分と追い込みました。
レンズの選択と切り位置、そして光線が特徴の「作品」です。
おそらく、この絵はこのタイミングよりまえに私自身は見たことがありません。
次の年も、その次の年のGSE試運転も何度も通い、
似たような写真をブログに出したと思います。
今年の最優秀賞は、少し低い位置からGSEがもっと光った構成となってますが、
もちろん、個人的に楽しむためや形式写真であれば、同じ構成も全然OKだと
思いますが、コンテスト「作品」の応募で、しかも超えられてしまうと、
なんだかとても寂しい気持ちになってしまいました。
もちろん、負けは負け。追い込みが足りなかったのは重々承知です。
でも、ここまでもってくる苦労をトンビの油揚げみたいに持っていかれてしまうと、
とても遣る瀬無い気持ちになってしまいます。
しかも同じ方が、前の年も私が公開した371系さよならアングルを模して
カレンダー入賞されており(この絵は追い込み不足なのに公開したことを
自らのチョンボと深く後悔)自分にもスキがあったからだと諦めていました。。。
ただ、二度目でしかも自分越えとなると...


これは2016.2撮影ですぐに公開。
最優秀賞のことが無ければまったく気にならなかったんですけど
12月の絵にそっくり。(カレンダーVSEはすこし光線と画角が右寄りですが)
この方ははじめてですので、私のブログも見ずにたまたまかもしれませんが、、、

そして決めました。
・もう、詰めの甘い「中途半端な絵」や
・簡単に再現できる「作品」は
出しません。出しません。
こんなことグジュグジュ書くこと自体、「自分の心が小さい」と主張している
ようなものだし、楽しむための趣味でイライラするなんて
本末転倒ですから。

一方で私自身も、ほかの方のブログや呟きはもちろん参考にさせていただきます。
何か、違いを入れてオリジナリティーを出す工夫をしているつもりですし
参考にしたことを紹介したり書き加えたりもしていますが、自分もやった
ことないか?と問われるとわかりません。

芸術作品の世界の永遠のテーマで、線引きは苦しいんでしょうかね。
オリンピックのロゴも根っこは同じですよね。

ということで、
①出した自分がダメダメ。
②ツメが甘い自分がダメダメ。
が結論となります。

入賞したのに、個人的には
なんとも味の悪い2019ロマンスカーコンテストになってしまいました。

チャンチャン

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。入賞おめでとうございます。
お得意の御殿場線、いい感じですね~。

さて、件の問題ですが自分も多くの小田急画像をアップしていますので、過去の入賞作品の中に「ん、このアングル、自分がアップしたものとそっくり」・・・というのもありました。ワイドな画角で捉えたもので「ここまで似るか?」というものでした。

なので自分も真似されたくない画像は、それ以来アップしないと決めています。作品の可否は、撮影場所とアングルで80%くらいは決まってしまうと思うからです。誰でも行ける場所でも、そのベストアングルを見出せるかはその人自身の力量で決まるはずです。すでに来年応募用も用意しています。しばらくインターバルが空いてしまったので、来年こそは・・・(笑)

それと、今回の副賞の数々・・・以前貰った際はこんなに多くなかったと記憶しています。太っ腹になったんですかね。(笑)

No title

おはようございます

いろいろあったようですが、入賞おめでとうございます。
場所言わなきゃ良かったかも。そうすれば今頃私も…いや、私は無理です(汗)。
というのはさておき、今度お祝いでゴチになりたいので、どうぞよろしくお願いします!

No title

おはようございます!まずは入賞おめでとうございますですね。日ごろの前向きな撮影姿勢が価値ある作品作りに通じ、誰もが素晴らしいと思える域にあると言うことでしょう。素晴らしいですね!コンテスト作品の件はなかなか難しい問題でしかもデリケート。。。思い入れが強ければ強い作品ほどいろんな点でレガキチ様が感じたことが付き纏います。私もかつて写真の師匠に言われたのを思い出しました。コンテスト級の作品は絶対公開するなと。。。。まあ、私はコンテストに応募することは皆無なのですがRMの今日の一枚ぐらいはごくまれに。。。大切な自分の財産ですからここぞ!と言うときに思い入れとともに解き放ってやるのが良いのでしょうね。次の高みへレガキチ様の意気込みが生かされますように!

No title

こんにちは。
諸々と思うところがあるようですが…
まずは入賞おめでとうございます!
カレンダー常連の貴殿は本当に凄いと思いますよ!!
あの変態的ともいえる(失礼!^^)拘りのハンパないところが入賞の秘訣でしょうかね?^^

レガキチさんにお会いする度にお話していますが貴殿の影響力は絶大なんですよ!
ブログの掲載については考えさせられる部分がありますね…
(自分はこれからも貴殿の真似させて貰いますよ~^^)

No title

> ぽりっぴぃーさん
ありがとうございます。
やはり同じ経験をされていましたか。
自衛しかないんでしょうね。

一方で、こんな撮り方もあるのか~と
勉強になる・刺激になることも多いんですが、
なんというか、コンテストに出すとかは
空気読んでほしいんですがね、、、

No title

> 朝霧高原さん
ありがとうございます。
クルクル奢ります(笑

No title

> giuliette5557さん
ありがとうございます。クヨクヨせずに、次に向かって精進します。
もちろん、脇は固めて。。。

No title

> テンコちょさん
ありがとうございます。
ヲタの嫌な部分だけ人にやらせて、カッコイイおたくだよとばかりにおいしいところを持っていかれては、たまりません。
ぜひ真似してください!でもコンテスト出品はご相談ください(笑

No title

こんばんは。

まずは入選おめでとうございます!
関東圏で腕自慢の多い小田急での12枚の内の一枚、流石です!

気持ち、ものすごく分かります。

私の場合は、そこまでのレベルにもまだまだ達していませんが(爆)

自分で見つけた大事にしたい場所、こういうタイミングでこう撮ろう!と思っていたモノをスコッと横取りされたり、逆にひどい撮り方をされたり、『ここ、ここ。前にネットに載ってた場所』とか言いながら、ドカドカ入って来られたり、撮影場所をご丁寧に地図や解説付きで上げるのとか、最悪、お立ち台通信とか(笑)

なので私は、撮影場所を書いちゃう人とはお付き合いしない様にしたり、書かない様なるべく分からない様にしていますが、限界はありますよね。

一撃でイメージ通りに決められる運と、腕があればいいんですが(笑)

構図も自分で考えて、イメージ通りに撮れてこそ、嬉しいし楽しいし、満足出来ると思うんですけどね。

まとまりの無い長文、失礼しました!

遠い地でパクるのはありですよね(笑)

これからも作品楽しみにしているのと、刺激を受けて頑張ります♪

No title

> しろしろさん
いえいえ、ありがとうございます!
しろしろ様ほどの腕があれば、そんなに悩みがないのかな? なんて思っておりましたが、やはり皆さん、同じなんですね~
RFコンレベルになると、こんな話も少ないんでしょうけど、今回は色々と考えさせられました。
北海道だと、本まで邪魔になるんですね!

少し、作品っぽい公開は控えめになりますが、普通の写真とコメント充実で、スタイルを変えていこうかな、なんて思ってます。よろしくお願いいたします!

No title

レガキチ様、はじめまして。「快速急行南新宿行き」と申します。
ロマンスカーカレンダーに興味があって調べていてたどり着きました。
4月のカレンダーすばらしくて完璧だなーと感銘を受けました。おめでとうございます。

実は私は今回初めてロマンスカーカレンダーに採用されました。ロマンスカーに毎日のように乗っていて愛着があるのですが、鉄道写真は初心者です。私のが何月かは書きませんが、一番しろうとっぽいやつなのでわかると思います。
他の方々がどうやって撮影しているのか勉強したかったので、ネットをサーチしているところです。

調べていてわかったのですが、1月の方もブログやってますね。同じ場所・構図(VSEですが)の写真を2014年1月25日にのせているので、2015年1月の作品を模倣したのではないと思います。偶然 同じ発想の写真に到達したのだろう、と思いました。

上手な人同士が、最適解を求めてつきつめていくと、似てしまうのかも知れませんね。

これからも時々拝見させていただき、勉強させていただきたいと思っています。よろしくお願いします。

No title

> kai*****さん
ありがとうございます。
これは、上にも書いているように私自身の問題です。
他に書き込まれている皆様の同様の経験をさせれているようですが、それはそれぞれ皆さん、ご本人の思い過ごしか、本当にそうだったのか、真実はわかりません。

No title

私もご紹介いただいた絵について調べてみて、そのブログ・その絵を拝見しました。確かに似た構図が1年前に出ていたことになりますね。
また構図そのものは、このLSEと最優秀賞は少し違いますし(1スパンずれてる)、むしろ現像・画像処理、下の河原の処理など、ご紹介いただいている絵そのものは、今回の受賞作とは全く異なります。
こちらのほうがより最優秀賞には近いです(私の同じ時期の公開)。
https://blogs.yahoo.co.jp/shin_soejima/65475914.html
何をもって同じとするか? 見て影響を受けたのか受けていないのか? ここばかりは、ご本人以外わかりませんし、オリンピックのマークの話と同じです。
昨年のススキも、探せばあるんでしょうかね?
いずれにせよ、無防備に公開していた私自身の問題なんです。もう、そっとしておいてください。
プロフィール

レガキチ

Author:レガキチ
レガキチ写真館長の「ひとりごと」Blog.。小田急ロマンスカーや復活蒸気(SL)等と風景を絡めた鉄道写真Blogです。束の間のひと時をお楽しみいただければ幸いです。
あまり無理をせずに、ボチボチ更新していきたいと思います。

リンク
カウンター
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

鉄道風景撮りびと日誌

YFの部屋

響鉄Ⅱ

ご近所さんの御殿場線撮影日記
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR